腸内バランスが崩れると❤︎

知識

皆さまお元気ですか☺️♡

最近
夜中、肌寒く感じませんか?

冷えがすごく苦手で、、、
毛布にくるまって寝ております🌱

今朝、寒い中
ウォーキングをしたのですが

手がかじかんで

手が少し霜焼けになって
鏡で自分のお顔を見てみると
爪の色が紫になっておりました😅

冷えで血流がうまく
循環してない証拠。。

紫色で思い出したのですが

小学生の頃、プールの授業では必ず私の唇が紫色になっておりました笑

冷え性だったので、、😂

寒くなってくると

冷え以外に、お肌の乾燥にも
悩まされますよね🌿

お肌になるべく
負担をかけないために

体を温めたり、保温対策に
シフトしていきたいですね♡

手がかじかむと調理が大変💦


さて

今回は腸についてのお話💖

日本人の腸は
穀物や野菜を中心とした食生活に
対応して、欧米人の腸より
長くできています

一説には、
日本人の小腸の長さは6〜7mで、
大腸は1.5〜2m

両方合わせると、
欧米人よりも2〜3m長いそうです。

この腸の長さは
穀類や野菜の繊維質から
栄養分を消化吸収するためで、

食物繊維は短時間では
消化されにくく


ゆっくり
時間をかけること
が必要です。

このため腸は、
徐々に長くなって行ったのだと
考えられるそうです。

ほかの動物でみると、
羊の腸は体長の20倍以上の長さ、
ライオンは体長の
約4倍にすぎません。

その背景には、
やはり食べる物の違いがあります。

かたい繊維の草を食べている羊は、
その消化のために
長い腸が必要
ですが、

肉食動物のライオンは、
短い腸で充分
だというわけです。

面白いですよね😊


この理屈をあてはめると、
食事が肉食中心の
アメリカ人の腸は、

その食生活に適した
長さになっているといえます。

しかし、

近年、日本人の食生活は

急速に欧米化が進行💦

その結果、
腸内バランスをくずしてしまう人が増えてきている

とも考えられています。

腸内バランスがくずれると、
悪玉菌や腐敗物質が増え、
便秘や下痢、感染性腸炎、

さらには生活習慣病や大腸ガン

などの病気を
引き起こしやすくなってしまいます。

怖いですね(>人<;)


では

腸内環境の改善には、
何が必要なのでしょうか



続きは次回のブログにて♡


少しでも
ご参考になっていただけたら
とっても嬉しいです💖

最後までお読みいただき
ありがとうございます♡

皆さまの心の安心に
つながることを願いながら
心を込めて届けます^^♡

smile🌼

🌱Twitterはこちらから

https://mobile.twitter.com/miku90228538

🌱YouTubeではお料理を
主に発信しております。
ぜひご覧ください💖

コメント

タイトルとURLをコピーしました