さつまいもは電子レンジに不向き❤︎

知識

皆さまお元気ですか♡

お久しぶりの投稿です✨

なんとか落ち着いて
やっとだいすきなブログに☺️


皆さまは

さつまいも お好きですか🤍

小学生の時、
学校の帰りにお腹が空きすぎて

家に帰るとパンやお菓子を
電子レンジで温めて食べていました

ある日、

家に帰ると
生のさつまいもがあったので

”焼きたてのさつまいもが
食べられる!!!”

芋系の食材がだいすきな私は

大喜びで

すぐに食べたいので
短時間で完成する
電子レンジ
に入れ温めました。

”チンッ”

と音がなって

すぐに取りに行き、

アツアツのさつまいもを頬張ると


全く甘みがなくて

びっくりしたと同時に
とてもショックでした。。笑

”じゃがいもは甘くなるのに、、どうして( ;  ; )”

同じ芋類なのに

そんな過去がありました笑

ーーーーーーーーーーーーー

なぜ

さつまいもは
電子レンジでは甘くならないのでしょうか🌱

電子レンジは

電磁波で食品の内部に浸透して熱に変わるという性質があります。

この性質により加熱時間が短く、
水を使わなくても
加熱ができることから

他の調理法よりも
ビタミンCの損失が抑えられます
🌟

一方で、

でんぷんの糖化には不向きだったり、乾燥しやすかったり

という欠点もあります。

でんぷんの糖化とは、

多糖類のでんぷんが
ショ糖類や単糖類になる
化学反応
のこと♡

甘いと感じるのは

ショ糖類や単糖類の甘みなのです

さつまいもは
蒸したり焼いたりすると

さつまいもに含まれるでんぷんが
酵素によって分解されて

マルトース(麦芽糖)ができるため甘くなります

※マルトースは二糖類です

これは
さつまいもに含まれる
β-アミラーゼという
糖分解酵素の作用によるもの
🌿

電子レンジの加熱は

数分で酵素が失活してしまい、
糖化が充分に行えないのです

このため

電子レンジ加熱よりも
石焼き芋のように

じっくりと時間をかけた加熱の方が甘く仕上がるというわけです♡

ちなみに

じゃがいもは
β-アミラーゼの酵素がいません
ので

電子レンジの短時間加熱で
甘くなるのです

いかがでしたか✨

酵素さんの働きで

食材が甘くなったりと
変化を与えてくれるので

調理は
ゆっくりとじっくりと
愛情を込めて作っていきたいですね😊

過去のブログに
揚げない大学芋のレシピ
を綴っておりますので

ぜひ作ってみてください🕊


少しでも
ご参考になっていただけたら
とっても嬉しいです💖

最後までお読みいただき
ありがとうございます♡

皆さまの心の安心に
つながることを願いながら
心を込めて届けます^^♡

smile🌼

🌱Twitterはこちらから

https://mobile.twitter.com/miku90228538

🌱YouTubeではお料理を
主に発信しております。
ぜひご覧ください💖

コメント

タイトルとURLをコピーしました